府県からの花嫁 「久保 朋子さん」

>>酪農体験参加者募集へ戻る

久保朋子さんこんにちは、久保朋子といいます。

私は、1985年(22歳)の秋にこちらに嫁いで現在40歳。まる18年になろうとしてします。

出身は大阪府。サラリーマン家庭の一人娘(?)でOLをしていました。

主人とは、お見合いで出会って3ヶ月で結婚しました。現在は高2の息子、高1、中2の2人の娘、そしてすぐ隣の別棟に主人の両親の7人家族の母and主婦and酪農家を兼務しています。

"アルプスの少女ハイジ"のような自然の中でゆったりと生活したい!!との思いで飛び込んできたのですが、サラリーマンライフと農家ライフのギャップはものすごく差があり、四苦八苦しました。

酪農家は早朝と夕方の2時間ずつ搾乳。牛のエサやり仔牛の世話・牛舎の掃除etc・・・の毎日の仕事があり又、季節毎の仕事が加わり年中無休です。

そんな中、朝はカッコウの声で目が覚め1日終わると音のない世界が包み、日中はキタキツネ・エゾシカ、タンチョウなどの訪問者や野鳥のさえずりがホッと気持ちを和ませてくれます。

時間はかかりましたが、四季の変化を山菜や主人の釣り好きで味わい、仕事内容をあわせて行くことができるようになりました。牛の分娩や夏場の牧草収穫作業など、いくつでも人の手が借りたくなる時に子供たちや両親が自分の出来ることを見つけて手伝ってくれ、みんなの頑張りで忙しさを乗り切れた時の家族全員で味わえる満足感はとても素敵なものです。

最近は、酪農ヘルパー制度もあり月に一度は1日仕事を休んで、ゆっくり休めるよう活用しています。少しずつですが家族と小旅行も出来るようになりました。

また、何年経っても同じ職業で頑張っている人が私の周りにたくさんいるのですから、同じ女性の立場の悩み、子育ての相談、仕事の情報交換と、とても心強いんですよ。家族と仲間と地域の人たちに支えてもらいながら成長させてもらっています。

今は、1日3役プラス私自身と忙しいけれどこれから一つずつ役目が減っていっても、最後まで主人と二人三脚、久保牧場で自然に囲まれてゆったりと時を過ごしていきたいです。

みなさんも、ぜひ新しい自分を発見してみませんか?

※この記事は、2003/9/1現在のものです。

>>酪農体験参加者募集へ戻る

広報なかしゅんべつ

広報

 

ミルク王国

なかしゅんコミュ

Stron-Gyu(別海町酪農女子同盟)

JA中春別青年部

青年部ブログ

中古農機販売アルーダ

JA共済

JAバンク